2017年01月08日

漫画・ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―24巻(原作:神崎裕也)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―」(けいさつをさばくはわれにあり)は、原作:神崎裕也(かんざきゆうや)による漫画作品で、『週刊コミックバンチ』(新潮社)にて2009年12号から2010年39号まで連載されたのち、『月刊コミック@バンチ』へ移籍して、2011年3月号から2017年2月号まで連載されていたコミック作品です。

生田斗真の主演でテレビドラマ化もされ、『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』のタイトルで、2015年1月から3月までTBS系の「金曜ドラマ」枠で放送されました。

「ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―」のストーリーとしては、龍崎イクオと段野竜哉は、最愛の人を亡くした15年前の事件をきっかけに、ある巨大組織に守られた男への復讐を誓い、因縁の男を探し出すために、そして復讐を果たす為に、龍崎は刑事になり、段野は極道になったという設定です。

読む者の心を揺さぶる本格ポリス・エンターテイメントもののコミック作品となっています。

電子コミックスは、出版社「新潮社」の「BUNCH COMICS」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―24巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―」24巻のストーリーとしては、復讐を終えたイクオと竜哉が向かった先は結子先生が眠る場所・式ノ浦島で、そこで束の間の休息を迎える二人の前に現れたのは日比野美月で、かつての相棒にして最愛の女性が、イクオの前に最後にして最大の敵として立ち塞がるという展開を見せます。

7年にも及ぶ大人気連載が遂に完結を迎えている最終巻となっています。

「ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―」は、1巻から24巻(完結)まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は4巻で17ページ(192ページ中)、24巻で17ページ(197ページ中)となっています。

※2017年1月20日までの期間限定で、1巻、2巻、3巻の全ページを完全無料の0円で読むことができます。

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―24巻を読む

1度無料キャンペーンが行われた作品は、また無料キャンペーンが行われる可能性がありますので、無料期間が過ぎても、ちょくちょくチェックしてみてください。

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

神崎裕也の作品には、「不能犯」「ウロボロス ORIGINAL NOVEL」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、広告収入で運営されていますので、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている漫画の全巻を無料ではまず読めないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、何よりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by 電子コミック太郎 at 09:04| 青年マンガ