2016年06月25日

漫画・拝み屋横丁顛末記25巻(原作:宮本福助)無料で立ち読み電子コミック(電子書籍)

「拝み屋横丁顛末記」(おがみやよこちょうてんまつき)は、原作:宮本福助(みやもとふくすけ)による漫画作品で、『コミックZERO-SUM』(一迅社)にて、2002年8月号から連載されているコミック作品です。

テレビドラマ化もされ、2006年12月2日からテレビ朝日の土曜ミッドナイトドラマ枠で放送されました。

「拝み屋横丁顛末記」のストーリーとしては、舞台はとある街のとある横丁で、陰陽師、神主、坊主など、風変わりな人々が集うその横丁は誰が呼んだか「拝み屋横丁」と呼ばれているという設定です。

横丁で起こるどこかハートフルな拝み屋物語を描いたコミック作品となっています。

電子コミックスは、出版社「一迅社」の「コミックZERO-SUM」レーベルから発売されており、カテゴリは、「青年マンガ」に分類されています。

拝み屋横丁顛末記25巻
※上記の画像をタップ(クリック)すると、電子書籍に移動します。

「拝み屋横丁顛末記」25巻のストーリーとしては、三爺たちの要望により、新年会を行うことになった拝み屋横丁において、酒に酔った徳光が、文世に家賃一年分の免除をかけて戦いを申し込むという展開を見せます。

「拝み屋横丁顛末記」は、1巻から25巻まで無料で立ち読みすることができます。

立読ページ数は1巻で17ページ(194ページ中)、25巻で17ページ(183ページ中)となっています。

拝み屋横丁顛末記25巻を読む

この電子書籍に対応しているデバイスは、PC(Windows・Mac)/iOS(iPhone・iPad)/Androidスマホ&タブレット/ブラウザ楽読みとなっています。

宮本福助の作品には、「なごみさん」「となりの外国人」「この度は御愁傷様です」もあり、無料で立ち読み(試し読み)することができます。

※AndroidやiOS用のアプリには、電子コミックを全巻無料で読めるアプリもありますが、広告収入で運営されていますので、基本的に古い作品が多く、現在も連載されている漫画の全巻を無料ではまず読めないと思ってください。

全巻無料アプリに読みたいコミックスがないからといって、ファイル共有ソフトのtorrentを使ったり、海外サイトで違法なZIPやRARファイルを探してダウンロードするのはやめましょう。

ダウンロード違法化という法律もありますし、何よりZIPやRARファイルを開くとウィルスに感染する可能性があります。
posted by 電子コミック太郎 at 14:13| 青年マンガ